アートとコラボ

最近の工事現場がギャラリー展のようになっているのを知っていますか?
工事現場に使用されている現場シートを使って面白いデザインを展示しているのです。
元々現場シートは防音効果の他に、広告としても使用されていました。
真っ白い布の現場よりも、イラストや文字が書かれている方が、興味を惹きますよね。

現場シートの広告の多くが、建物や建設会社の紹介だったのですが、最近は外部の会社の広告が入っていることもしばしば見受けられます。
工事現場の場所を宣伝場所として提供している所が増えているようです。
もちろん、建設会社の宣伝をしている箇所もありますが、工事現場はたくさんのスペースがあるので、他の会社に提供することができるのです。

単なる宣伝のみではなく、現場シートを使って新しいアートを表現している所もあります。作品を発表する機会が少ない若手のアーティストの作品展示や、子どもたちの作品を展示しているところも時々見かけます。
歩行者も見ていて楽しい気分になるので高評価のようですよ。
建設会社・アーティストの新しいアピールになるのではないか、と注目を集めています。

シートの種類も何種類かあります。
よく見かけられるのが、ツルツルとしたタイプとメッシュのタイプです。
どのように違うのか、少し紹介していきますね。






おすすめ記事

基本水準

工事をするときの基礎とも言えますね、このシートがなければ作業もままなりません。現場においては必要不可欠!むしろ一家に一枚あってもおかしくはないですね!

大々的にアピール

まあ現場シートがかぶせてあれば、間違いなく工事中とわかってしまうほど、それは多岐にわたって利用されています。まあ一つの目印とでも成り得ますね。

What's New

2013/02/05
新着記事2を更新。
2012/11/08
新着記事を更新。
2012/02/13
こんなシートがあればを更新。
2012/02/13
防災としてを更新。
2012/02/13
これからの活用方法を更新。
2012/02/13
シートの種類を更新。
2012/02/13
アーティスティック現場シートを更新。
2012/02/13
ホームページリニューアル